Harvest Timer
ハーベストタイマー

ハベスタは、栽培している野菜の収穫時期の把握をサポートするWEBサービスです。無料で使用する事ができます。

登録して利用開始する

アカウントをお持ちの方は→  ログイン

家庭菜園愛好家の方、こんな経験ありませんか?

「トマトが赤くならない。 いつまで待っても、 赤くならない。」

その理由は多くの場合、トマトの花が咲いてから、 その果実が熟すまでの温度(開花後の積算温度(*1))が足りていない事です。

(*1)積算温度=ある期間からの、1日あたりの平均温度を合計したもの

積算温度の解説はこちら

トマトの場合は約1,100℃の積算温度が必要


開花後から果実が赤くなるまで、1,100℃程度(*2)の積算温度が必要とされています。

(*2) 果実が赤くなるまでの積算温度は、品種によって変わります

他作物の積算温度目安はこちら

1日の平均気温が20℃の場合は、約55日間必要


1,100℃の積算温度を得るためには、 1日の平均気温が20℃で推移したとすると、55日間の日数が必要となります。

日平均気温:20℃ × 55日間 = 積算温度:1,100℃

栽培する時期、地域やその年の気象条件によって、収穫までの目安日数は変わります。


実際のトマトの栽培現場では、同じ品種の場合でも、 栽培の条件によって、開花から収穫までの日数は、短い場合の35日間から、長い場合の75日間程度の幅があります。

栽培ごとに収穫に必要な日数は変わります

季節や栽培地域を問わない共通の基準を作る事ができません。 栽培者がそれぞれの条件によって目安を作る必要があり、 栽培経験の少ない方には、正確な情報をつかむことが難しくなります。

同じ日に花が咲いても、 栽培場所によって生育の スピードが変わります

このWEBサービス(ハーベストタイマー)は、

毎日更新される各観測地域の最新気象条件を利用し、 日本国内の栽培する地域、時期ごとに、 栽培している野菜の収穫日の目安を把握するサービスです。
スマホでもお使いのブラウザから利用できるため、 栽培現場からの情報の確認も可能です。

使い方は簡単

サインインした自分のアカウントを作成し、 作物を栽培する地域、測定を開始する日付、収穫までに 必要な積算温度などを設定するだけ。

登録している作物の状況を一覧で確認できます

対象の地域、日時に対応する気象データ(*3)を基に、登録している作物の収穫の、 設定した積算温度の経過状況、目安となる収穫予定日をお知らせします。

*3)気象データは、気象庁のものを利用しており、日本全国147カ所より選ぶ事ができます。 気象庁が行うデータ更新に合わせ、当サイトで使用する気象データも毎日更新されます。

毎日更新される積算温度の経過状況、収穫予定日などを確認できます

登録している各作物の、詳細な設定内容や、観測開始日からの気象データの履歴も確認する事ができます。 もちろん、登録後に設定内容の編集や、削除する事も可能です。 また、収穫期を迎えた作物は、実際に必要となった積算温度、栽培日数を収穫履歴として保存する事ができ、 実績のデータとして、翌シーズンの栽培の参考とする事も可能です。

過去のデータで、積算温度、収穫までの日数の目安を知る事ができます

過去の栽培データをお持ちの場合は、その情報をもとに、積算温度や指定した測定日からの収穫予定日の傾向をつかむ 事も可能です。 例えば、昨年のトマト栽培の開花日とその果実の収穫日のデータがあれば、 その品種の収穫までの積算温度を知る事ができます。 ある条件の積算温度のデータがわかっていれば、測定開始日を指定する事で、過去の気象条件での 収穫が可能になる日を取得する事ができます。

積算温度の確認はこちら

!!こんな機能もあります。

収穫日予測に使用するの平均気温を調整する事ができます。 調整の幅は1日あたり、−10℃〜+10℃です。
栽培地点の気象条件が、測定地点よりも高い、または、低い場合や、 ハウス栽培や被覆管理で、露地より栽培環境の温度が高く、または、 低くなる場合により正確なデータ取得が可能になります。

!!こんな使い方も便利です①

作物を提供する生産者さんと、収穫青果物の受け取る、市場、部会、契約先の業者さんと、 作物の生育状況、収穫予定日などの情報を共有する事でき、 青果物を提供する側、受け取る側での出荷調整に役立ちます。

!!こんな使い方も便利です②

作物ごとに気象情報の観測する地点を選択できるため、 同じ作物を生産するライバル産地の生育状況、出荷時期 の目安を立てる事ができ、自分の作物の出荷時期の調整に役立ちます。

よくある質問

Q:このサービスは無料で使えますか?

A:はい、測定する作物数10個、登録する収穫履歴数10個までの使用条件は、無料で使用する事ができます。


Q:登録できる作物数、収穫履歴数は何個が上限ですか?

A:2020年4月13日現在、ベータ版(試用版)での提供のため、それぞれ10個までとなっております。 この先、サービスの改良に伴い上限の数が変わる事もあります。また、その際に一定以上の登録数を可能にする際は、 有料アカウントの利用が必要となる場合があります。


Q:積算温度を利用する収穫日の算出はどの程度正確な情報となりますか?

A:100%正確な情報ではありません。 そのため参考の情報としてご利用ください。

*十分な温度、灌水、肥料の管理がされていない栽培下では、十分な積算温度を得ていても生育自体が不良となり、 収穫できない場合があります。
*極端な灌水、肥培管理によって収穫までの日数が増える事があります(チッソ過剰状態での栽培等)
*日当たりの良い、または悪い場所では、平均気温を基とする積算温度による収穫日予測と、実際の収穫日が 大きく変わる事があります。


Q:積算温度として利用される温度は何度以上ですか?
  平均気温がマイナスとなる場合、どのように計算されますか?

A:0℃以上の平均気温/日から、積算温度として利用されます。
  平均気温がマイナスの場合は、全て0℃に修正されて利用されます。


Q:各作物の収穫までに必要な積算温度はどのように調べる事ができますか?

A:主要な作物の収穫までの積算温度については、こちらを参考にしてください

主要な作物の収穫までの積算温度目安

*十分な温度、灌水、肥料の管理がされていない栽培下では、十分な積算温度を得ていても収穫できない場合があります。


Q:指定できる観測地点はどちらですか?

A:気象庁が設置している、全国47都道府県、147カ所の観測地点となります。

147カ所の観測地点詳細

*十分な温度、灌水、肥料の管理がされていない栽培下では、十分な積算温度を得ていても収穫できない場合があります。


Q:利用する気象データは、気象庁が発表するものと同じものですか?

A:はい同じものです。当サイトでは各地点の1日あたり平均気温を利用し目安収穫日を計算します。 栽培期間中の気象履歴として、1日あたりの平均気温、最高気温、最低気温、日照時間、日照量(一部の地点のみ)、 降雨量を利用しています。

気象庁のWEBサイト


Q:気象庁が発表する海外の気象データを利用する事は可能ですか?

A:できません。
上記に記載している国内、147カ所の観測地点のみデータとして利用する事が可能です。

Copylight© ハーベストタイマー All Rights Reserved